2013年度 春季予選トーナメント初週

4月7日(日) @二色浜グランド
■第1試合 ヘイルメイリー vs アンジェリックアラムニー

『ヘイルメイリー、勝利の嵐吹き荒れる!』

 春の大嵐の中、今シーズン第1試合の開幕。
 アンジェックはQB#23川居のランや#27本郷へのロングパスで、オフェンスするが、点数に結びつかない。#27本郷はキーレシーバーとして要所で高いキャッチ力を見せていた。
 対するヘイルメイリーは、捕って良し・走って良しのG#78泉へのパスで華麗にタッチダウンを決め、波に乗る。WR陣への安定したパスでも力強さを見せ、春の初戦を制した。
■第2試合 虹翔∞ vs カーディーズ

『強風を追い風に!!』

 強風の中の試合となった第2試合目。
 試合序盤、今季からチーム名を改名しスタートした虹翔∞が得意のパスを中心に攻め込み、C#7磯谷がタッチダウンを決める。対するカーディーズも新メンバーを加え勢いに乗りたい。
 パスplayにQB#44宮川持ち前のランを織り交ぜながらリズムを掴むかと思われたが、虹翔∞の好守と風の影響もありターンオーバー。
 その後、虹翔∞は新人G#4鷲見の好レシーブで前進したがカーディーズ#33濱岡のインターセプトによりターンオーバー。カーディーズもG前5ydまで攻めこんだが、虹翔∞#14有吉、#42梅原らDLがそれ以上のゲインを許さず前半終了。
 後半第3Qは両チームともにターンオーバーに抑え、第4Qに突入。
 局面を打開したのは虹翔∞。Gへのパスがつながり出し、#4鷲見のキャッチからのアフターゲインで大きく前進。最後も鷲見が決め、6点を追加した。
 カーディーズもWR#12井上、G#73原山へのパスで好調にゲインを重ねる。途中アクシデントがあったものの、ベテラン#33濱岡、#87井岡を中心に乱れる事なく攻め続けた。
 その後、虹翔∞#88中勝、カーディーズ#12井上がインセプでチームにチャンスを引き込むが、両チームともに得点には結びつける事が出来ず12対0で試合終了。虹翔∞が勝利した。
 両チームの新メンバーの活躍と、カーディーズのベテランの貫禄ある瞳が印象的な試合だった。