2015年度 春季予選トーナメント第1週

4月12日 ライオッツ 46対0 アンジェリック@二色浜

『ライオッツが完封、大差で勝利』
試合開始直後、インターセプトで攻撃権を奪ったライオッツ。敵陣で掴んだ好機、QB#18吉田が2度のランでゴールに走り込み、見事ものにした。流れを掴んだライオッツはその後のシリーズでもWR#6加藤、C#7濱岡を中心にパスでも得点を重ねる。DF陣も力を見せ、第4QにはDT#6加藤がインターセプトTD。DB/K#21葛原のナイスキック、C#24大野のTDなど、新加入メンバーの活躍も目立った。
対するアンジェリックは今季復帰のWR/DB#25石川が強気の声でチームを鼓舞。後半、ライオッツのランによるゲインをおさえ、ターンオーバーにつなげる。しかし、相手の好キックもあり、苦しいフィールドポジションからのゴールは遠い。古参チームの意地を見せるも、初戦突破はならなかった。

4月12日 虹翔∞ 0対6 カーディーズ@二色浜
『ロースコアゲームの接戦を制したのはカーディーズ』
カーディーズのキックから試合が始まった。1Qは両チーム共、DLの勢いのあるラッシュが光り、0対0のまま、2Qに入る。均衡を破ったのは、2Q3分20秒、カーディーズ。QB#44宮川から、今季フラッグフットボールから参戦のWR#33中塚へのパスが見事に決まり、タッチダウン。1本差で前半が終了した。
後半、巻き返したい虹翔∞。QB#18三宅のスピードを活かしたランでロングゲインを重ねる。タッチダウン1本で試合がひっくり返るという緊張感の中、2チームの攻防が続いた。最後まで攻め続ける虹翔∞だが、ゴールラインが遠い。1本差を守り抜いたカーディーズが勝利を収めた。