【タッチフット入門】ポジションの役割

ブログ

ポジション

タッチフットは様々なポジションがあり、それぞれが全く異なる役割を担います。

オフェンス

オフェンスは、各ポジションのプレーヤーの役割が明確に分かれています。
それぞれの役割を果たすことで、6人で1つのプレイをつくり上げていきます。


QB(クォーターバック)
オフェンスの司令塔。他のメンバーに作戦を指示し、
Cからスナップを受けてボールを投げたり、走ったりします。


C(センター)
プレー開始時にスナップを出し、ボールを捕球したり、ブロックをしたりします。
アメリカンフットボールのCと異なり、パスを捕球できます。


WR(レシーバー)
コースを走り、パスを捕ったり、ランプレイではブロックも行います。


G(ガード)
QBをディフェンスのプレッシャーから守るためにブロックをします。
アメリカンフットボールのGと異なり、パスを捕球できます。

ディフェンス

ディフェンスのポジションは大きくDL(ディフェンスライン)とDB(ディフェンスバック)に分かれています。
DLは主にQBへのプレッシャーとランプレイの処理、DBは主にパスカバーを行います。


DE(ディフェンスエンド)
DLの両端のポジション。QBにプレッシャーを与えたり、アンダーゾーンのパスを守ったりします。
LB(ラインバッカー)
DLの真ん中のポジション。主にアンダーゾーンのパスを守ったり、QBにプレッシャーを与えたりします。


CB(コーナーバック)
DBの両端のポジション。主にWRのパスをカバーします。
S(セーフティ)
DBの真ん中のポジション。広く視野を持ち、奥のパスをカバーしたり、アンダーゾーンのカバーをします。
このように、それぞれの得意分野を生かしながら、全員の力でひとつのプレーを完成させる面白さ。それがタッチフットボールの醍醐味の一つです。

*このページは「アメリカンタッチフットボール&フラッグフットボール入門(著:後藤 完夫)」を参考に作成しています。